先進技術を駆使しお客様の新たな価値の創造を探求

システムエンジニアを選んだ理由

  • HOME »
  • システムエンジニアを選んだ理由
システムエンジニアを選んだ理由

小手川さん01

Name  J . K

就職活動中のみなさん、ベース株式会社2016年新入社員のJ.Kと申します。
私がSEという職業を選択した理由として、大学での経験、SEという職業と自分の役割の合致があります。

私は大学時代、プログラミングの勉強を大学の講義で少しだけ経験しました。その時、プログラミングの難しさと面白さを学びました。ソースコードは半角スペースのところが全角スペースになっていてもエラーになって、正しく作動しません。そのミスを探すことも大変です。
しかし、正しくソースコードを書いて上手く動作した時、私は今まで経験したことのないやりがいと達成感を感じることが出来ました。私が「システムエンジニア」という職業に興味を持ったのはこのときです。

SEというのは何も、プログラムを書くだけではありません。ちゃんと、プログラムを作ってほしいお客さんの要望があり、それを専門的に理解し、プログラマーに伝えるのがSEの役割です。SEに必要なのは専門知識ももちろんですが、求められている能力として大事なものは、コミュニケーション能力です。話を理解すること、それを分かりやすく理解し伝えること。これがSEとして重要な能力です。

私がSEとして働くことが出来るのはこの役割を果たすためだからだと感じています。
その理由は私がサッカーと剣道をやっていたことにあります。小学生時、サッカーをやっていたとき周りには賑やかな人が多くいました。反対に、中学で剣道部に所属していたときは、おとなしい人が多かったです。私はそのどちらとも仲が良かったので自然とそのあいだに入ってお互いの関係を保つための役割を行っていました。
その経験は高校、大学に入っても活かされ多くの人と会話を合わせられるようになり、更に自分の長所とも思える能力を伸ばすことが出来たと考えています。

橋渡しに似たことをする、SEという職業に自分の役割が活かせると感じ、また、プログラムの専門知識を学ぶことのできるSEという職業にやりがいを見出し、この業界を選択しました。


増田さん

Name  S . M

就職活動中のみなさん、ベース株式会社2016年新入社員のS.Mと申します。

今回は「就職活動中の皆さんへ」ということで、「私がSEを選んだ理由」を紹介したいと思います。

私は工業高校と大学は情報系の学科でした。高校と大学ではITの勉強をしました。ITについて勉強していく私はIT関係の仕事に就きたいと決めていました。IT関係の仕事には様々なものがあります。たくさんのIT関係の仕事でもSEを選んだのは2つの理由があります。

1つ目はプログラミングの楽しさです。私が初めてプログラミングをしたのは工業高校の時でした。始めはプログラミングが苦手で全くできませんでした。エラーが改修できなかったり、アルゴリズムが組み立てられなかったりと「難しい。」というのが第一印象でした。

ですが、プログラムの勉強をしてくうちに次第にプログラミング言語について理解をしました。エラー改修もできるようになり、アルゴリズムも組み立てられるようになっていきました。プログラムが作成できるようになるとプログラミングが楽しくなってきました。ロボットを自分の作成したプログラムで思った通りに動かせたときはとても嬉しかったです。その時初めてプログラムに関する仕事に就きたいと思いました。

2つ目はプログラミングの奥深さです。プログラムについて勉強をすると、様々なものがプログラムによって動いていることがわかりました。プログラミングは奥深く、多くの言語があることを知りました。やりたいことによって言語が異なっていることなど、知れば知るほど興味が湧いてきました。

また、IT関係は日々技術が進歩しています。そのため、プログラミング技術についての勉強は常にしていないとついていけなくなります。1つ覚えたから満足ではなく、次から次に覚えることが出てきます。勉強し向上心が維持できるので一生の仕事としてマンネリ化しないと考えました。日々勉強は確かに大変ではありますが、技術の進歩に応じて自分のスキルも進歩していくのはとても嬉しいことだと思います。そう考えたときSEに就きたいと思いました。

以上2つの理由から私はSEが奥深く楽しいやりがいがある仕事だと思い、SEを選んだ理由です。


村上(千)さん02

Name  C . M

就職活動中のみなさん、ベース株式会社2016年新入社員のC.Mと申します。

今回は、私がシステムエンジニアを選んだきっかけをお伝えいたします。

私は大学で法律を学び、ゼミナールでは「会社法」を学んでいました。パソコンは、Wordでレポートを書いたり、PowerPointで発表資料を作ったりする程度で、難しいことはわからず、まさか自分がシステムエンジニアを目指すとは思ってもいませんでした。

就職は公務員を考えていました。中学から付属校に通い、舗装された道を歩いていた私は、当然のように全てがうまくいき、安定した道を歩き続けるものだと思っていました。いつだってそれに見合う努力もしてきました。しかし結果は残念なものでした。挫折と向き合うことすらできず、ただ自分を認めてくれる場所を求めて就職活動をしたのを覚えています。そこで出会ったのがシステムエンジニアの仕事でした。

兄が大学院でプログラミングを学んでいたため身近に感じられる仕事でした。話を聞いてみても、興味が持てましたし、勉強していきたいとも思いました。しかし、何の知識もない自分が大学や大学院で学んできた方々と同じように仕事するのは失礼ではないのか、そして自分にそんな挑戦ができるのかと不安になりました。

現在、同期の方々と研修に励む毎日です。実際に会社で使われるシステムの制作をしています。プログラミングが得意な方、コミュニケーションが得意な方、場を和ませられる方やリーダーシップのある方、様々です。みんなシステムエンジニアを目指しています。今も不安が消えるわけではありませんが、楽しんで仕事をすることができています。

やってみたいという気持ちと、踏み出す勇気さえあれば、システムエンジニアになる資格は十分あると思います。大学で違う勉強をしていたとしても、その考え方や知識を活かせる場はあるはずです。

就職活動は必ずしも平等ではありません。
つらい日もあるかと思いますが、皆さんがやりたいと思える仕事に出会えることを祈っています。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5207-5112 9:00 ~18:00 (土・日・祝日・年末年始除く)

  • facebook
PAGETOP
Copyright © ベース株式会社 All Rights Reserved.